211系0番台、誕生から今まで(Page11)

2017年6月の重要部検査出場時から現在までの様子を紹介します。

No11. From 21st June 2017 (K52 Trainset)
     From 21st July 2017(K51 Trainset)

編成 入場日  出場日 
K51編成  不明 2017年7月21日 
K52編成  2017年6月5日  2017年6月21日 


ここのトップページへ戻る    Page2へ戻る     Page3へ戻る  Page4に戻る  Page5に戻る  Page6へ戻る
 Page7へ戻る Page8へ戻る  Page9へ戻る  Page10へ戻る

ピクトグラム図
遂にWハンドル化改造 外ぼろも取り付け(2013年10月ごろまでのものでラインカラーあり) 併結可能系列:211・213・311・313系 最高速度は120キロ
種別・行き先別個表示の幕 K50番台編成 セミクロスシート 均衡速度
ヨーダンパあり 311・313系用LED操作確認装置 増圧ブレーキあり 出入り口付近の床、滑り止め改造
EB・TE装置取り付け 停車駅接近報知装置取り付け改造 車椅子スペース設置済み ドアチャイム取り付け済み
パンタグラフ載せ変え つり手増設 運転情報記録装置取り付け ATS-PT設置改造
スカート改造   外ほろ交換(2013年11月ごろより) 映像記録装置
 ベビーカーマーク
優先座席の明確化    

他系列均衡速度: 211系(2M1T)         A13
            211系・311系(2M2T)   A5
            213系(1M1T)        A5
            313系            A30

写真  出場試運転 重要部検査後の試運転を行うK52編成(2017年6月21日、大曽根駅)


 2017年に全般検査から法定期限の4年間を迎え、K52編成が重要部検査に入りました。入場期間は2010年検査時と
同様の13日間(土休日を除く)であり、他系列と同様に優先座席のオレンジ色による明確化、同部のつり革のオレンジ化、
出入り口滑り止めの黄色着色による明確化が実施されました。
 それに対して、K51編成は法定期限ぎりぎりまで延ばさず、K52編成の1か月後に出場しました。

 運用としては2014年改正以後変化はなく、平日に区間快速、休日に亀山→名古屋の1本の快速運用を有しております。

ここのトップページへ戻る    Page2へ戻る     Page3へ戻る  Page4に戻る  Page5に戻る  Page6へ戻る
 Page7へ戻る Page8へ戻る  Page9へ戻る  Page10へ戻る