Meitetsu VVVF Trains, ECB Series, Since 1993.
事故で車体が破損したものの、頑張って走る3121F@金山→神宮前
 スカート・ボルスタレス台車がECB系列の共通事項

ECBとは“電気指令式ブレーキ(Electric Command Brake)”の英語の頭文字です。(電気のE,指令のC,ブレーキのBです。)
ECBシリーズは基本的に3系列(3100系3500系3700系)しかありませんが、側面の方向幕のサイズや、
3100系の一部に300系のようなHIDライト車があるなど、バリエーションは豊かです。

3100系  2両編成で、特急・急行列車の増結・支線区間の普通列車で活躍しています。【130Km/h運転対応】
 3101F〜3110Fまでは窓のサイズ・側面方向幕のサイズが小さいのが特徴です。(3500系と同じものを使用)
 床下は3500・3700系列とは異なり、インバーターの音も異なります。

名白色のライトが特徴
3100系HID車
2000年製造の3次車(3120F〜3123F)は将来の300・3150系等につながるHIDライトを採用しています。
場所 豊明→富士松 日時 2005年1月28日 12:24

トップナンバー
3101F
3100系の1次車は車体高さが伸びたにもかかわらず、正面窓サイズが3500系と同じ為におでこが
大きい印象を受けます。
場所 中京競馬場前→有松間 日時 2007年7月7日 10:39

2両バージョンの「パト電」
名鉄3100系3106F“パト電コノハけいぶ号”
3701Fと共に愛知県警のラッピング電車として活躍した3100系バージョンです。(2003年4月から一年間走行)
場所  知多武豊駅 日時 2004年3月17日 12時18分


3500系  ECBシリーズで一番最初に製造されたタイプです。【130キロ運転未対応】
 初期の編成はドアチャイムがなく、CP(空気圧縮機)もECBシリーズでは唯一レシプロ式でない6000系列とほぼ同じ物を使っています。
 また、ドア付近の補助座席も初期の編成は設けられていないなど、製造年次により異なる点が見られます。

本線疾走
3516F
名鉄線の通勤型の主力といっても相違ない3500系、一部の路線を除いてどこでも見られる車といって相違ないでしょう。
場所 豊明→富士松間 日時 2007年5月4日 9:08

名鉄3500系&3100系
3100系より屋根の低い3500系(右側)沿線で見ていると屋根の高さの違いが目に留まります。
場所  金山→神宮前 日時 2004年7月4日 8時29分


3700系  上段の3500系の改良版として登場したタイプです。床下機器はCPを除いて3500系を基本としています。
 3100系と同じく、3701・3702Fは窓が3500系と同じものの為、やや小ぶりな印象を受けます。

愛知県警 プロデュース
3700系3701F(パト電コノハけいぶ号)
愛知県警が県内にて頻発する犯罪を抑制する目的で全国初の「警察によるラッピング電車」を走らせました。この電車は2004年3月まで走行しておりました。
場所 神宮前駅 日時 2003年5月4日 8時21分

受験生の味方?
3700系2次車(3703F)
2005年初頭より3700系、3702F・3703Fは受験生の縁起担ぎとしてか、車内を“KitKat”の広告に統一し、車体一部には桜の花をイメージしたラッピングを施した上で走行しています。
2013年からは「さくらトレイン」として引き継がれています。
場所  佐屋→日比野間 日時 2005年1月14日 9時46分

競艇で稼ぐぞ!
常滑競艇開催時に運転される「勝艇号」(写真は3500系)
これに乗ると競艇で一儲けできるとかできないとか。
場所 上小田井駅 日時 2002年11月16日 10時07分

前(名鉄3150&3300系写真室)へ戻る
次(名鉄特急シリーズ)へ進む
名鉄インデックスへ戻る
鉄道写真INDEXへ戻る
トップへ戻る