名鉄特急写真室(Page2-2, Series2200)
赤い特急 名鉄スカーレットを採用した特急2種

名鉄2200系はμスカイで有名な2000系の併結特急(特別車+一般車)バージョンともいえる系列です。
正面姿は2000系とほぼ同等で2000系に“Centrair”と入る箇所が窓ガラスとなっており、そのため2000系に装備されている死角対策のカメラが同系には装備されて無いほか、岐阜方の2300号車は将来の貫通化に備えた構造になっています。
室内では特別車は2000系、一般車は3300系と同等の室内となっております。

2004年度に岐阜方面からの空港アクセス用として4本、2007年度に5本を増備し中部国際空港に発着する特急のみならず、本線東部の豊橋方面等へ活躍の幅を広げております。更に2008年度には1700系一般車用として同系ベースの2300系も登場しました。
2015年度には"Panorama Super"のうち、パノラマカー7500系の生まれ変わりの1030系の老朽更新として3本が増備されました。この3次車からはデザインが変更されています。

1・2次車

赤いカラー・長い6連が2200系です
2200系(試運転、1次車)
津島線で登場後初めての試運転を行った2200系、沿線住民も車を止めその新車に目を奪われておりました。
場所  青塚→勝幡間 日時 2004年12月25日 13時09分

赤と青の織り成す世界
2200系と2000系
甲種回送で見られた2000系+2200系のランデブー。この併結を再び見ることはできるでしょうか。
場所  東名古屋港→大江間 日時 2004年12月22日 15時10分

ちょっと一休み
2200・2000系甲種
幸田駅で一休みしている列車を撮影したものです。2200系の特別車・一般車の間での窓位置の高さの違いが
お分かりいただけますか?
日時  2004年12月22日 13時49分

電気連結器なし
電気連結器なし
豊橋・中部国際空港よりの先頭車は1000系一部特別車編成と同じく電気連結器が省略されております。
場所 有松→中京競馬場前間 日時 2007年7月7日 10:32

2000系のそれとはどこか違う・・・
2200系ロゴ
2号車(特別車)に取り付けられているこのロゴ、2000系のそれとは右側のスタイルが異なります。
場所  大江駅 日時 2004年12月22日 15時48分

特大表記
巨大表記 (現存しません)
2200系の特別車には各側面の一箇所に巨大な号車表記があります。非常に分かりやすい表記に加え、
速度感も感じさせてくれます。
場所 島氏永→国府宮間 日時 2008年9月26日 13:21

3300系と同レイアウト
2200系一般車
一般車は1200系とは異なり、3300系と同じシート、クロスシート・ロングシートの
折衷型となっています。
場所  大江駅 日時 2004年12月22日 15時50分

2次車(1次車と異なる個所)

2000系の道を・・・
2200系も
2000系が4連で登場した車が荷物スペースの関係でドアと窓が開くスタイル(車椅子対応席を除く)に統一されました。
2200系も2000系が方針変更した後、すなわち2007年以降に登場した車はご覧のようなスタイルになりました。

室内
2200系車内(2次車及び1700系一般車)
2200系の車内は転換クロス&ロングシート折衷型となっていますが、2007年以降に登場した車は車内の混雑対策としてクロスシートが1&2列に改良されています。

3次車の特徴
デザイン変更
  デザイン変更
 2200系3次車では塗装の一部が変更され、特別車にあった巨大号車表記が廃止されました。
 なお、特別車については派生車両の1700系を含め全て共通運用のため、一番シート数の少ない2200系1・2次車を基準に座席販売を行い、残る座席については車掌割り当ての席として対応しています。

LCD式に
  LCD情報案内表示(一般車、画像は同一仕様の3150系)
 2200系では特別車は1次車誕生時よりLCD表示器を採用していましたが、3次車からはこれが一般車にも展開されています。

名鉄特急写真室(Page2,2000系ページ)へ移動する
名鉄特急写真室(Page1)へ移動する
名鉄特急写真室(Page3)へ移動する
名鉄インデックスへ戻る
前(名鉄電車インバーターシリーズ)へ戻る
次(パノラマカー写真室)へ進む
鉄道写真INDEXへ戻る
トップへ戻る