botan syougyou.gif (3398 バイト)

 

猩猩とは

猩々とは、中国から伝わった想像上の動物である
オラウータンをモデルにしたと言われ、大の酒好きで真っ赤な顔をしている。

その猩々は、日本へも古くから伝わり、室町以降 「能」(のう)の中にも登場する。
いくら汲んでも尽きることのない不思議な酒壺を我々にもたらし、富と幸せを運んできてくれる福の神として、庶民から親しまれてきた。

鳴海の猩々(しょうじょう)

 猩々とは、緑区を中心とした周辺地域の祭礼に出される大人形です。
この地方の中で、もっとも古くから猩々を出していたのが緑区鳴海町であろう。
宝暦七年(1757)「尾陽村々祭礼集」に
「鳴海村で猩々が出されていた」と書かれていて、
安永八年(1779)の「鳴海祭礼図」という書物には、
高さ七尺の猩々の姿が描かれている。

これは現在、下中町内会(中嶋街)の持つ通称「アタラシ」という猩々だろうと云われている。
この猩々は現在も鳴海八幡宮例大祭の御輿行列
参加する特別な存在なのである。
 また、この日には遊びとして子供達を追いかける猩々も各町内から出る。
追いつかれた子供達は、大きな手でお尻を叩かれる。
「病気にならない元気な子に育つ」などと言い伝えられてはいるが、やはり叩かれるのが怖いので逃げまどう。

そのやり取りが子供達にとっては楽しい遊びとなり、
見ている側も微笑ましく思えます。

syojo.jpg (19453 バイト) 中嶋街の
「アタラシ」は、
衣装を替えて、
御神輿行列に
参加します。

「カミサマ猩々」と呼ばれています。

photo 99shimo ushiro.jpg (23379 バイト) 下中年行司前

本祭の午前中
アタラシとフルババ
を見ることが出来ます。
「猩々の馬鹿や〜い」 猩々の思い出集
曽根公園で
子供達を
追っかけ廻す猩々

ちなみに左の猩々は
私が被っています。

 この2枚はnovaさん撮影

猩々ホームページ リンク集

創作人形(猩々) 長草天神社どぶろく祭 猩々って?