高齢者ボランティアポイント制度

■活動情報

 2022年度

2022.6.16 令和4年度定時総会を開催しました。

 6月16日、本年度定時総会を豊明市文化会館小ホールで開催いたしました。会員総数335人、当日の出席会員55人、委任状と議決権行使書提出237人、合せて292人でした。来賓には、小浮正典市長、三浦桂司市議会議長、坂田憲治県議会議員、鈴木淳司衆議院議員ほかをお迎えしました。顕彰、来賓挨拶に続き、市村喜弘議長の取り回しにより、令和3年度事業報告、決算及び役員の選任など全議案が可決されました。

JAF職員による講習

午後1時30分開会

俊敏性を測る器具により能力を実感

市長感謝状を授与される早川正美会員

侠角路を切り返しをする運転実技

議長に市村喜弘会員を選出

車には死角が多いことの説明

梅本理事による安全就業宣言

2022.5.2 松のせん定講習会を行いました。

 ゴールデンウィーク中の5月2日、沓掛城址公園で会員向けの「松のせん定講習会」を行いました。会員も年々高齢化する中、新しくせん定班に入った会員やこれからせん定を始めようとする会員8名が、公園内の松のせん定実技を学びました。講師に、㈱相羽造園土木の相羽さんと庭一の中村さんを迎えて、せん定で難しいといわれる松に取り組んでいました。会員が、「しまった、この枝落としてしまった」に、先生からは、「その、しまったが大事です。そうやって学ぶのです」のアドバイスに、会員は自信がもてたと思われます。

「開会」三治会長あいさつ

講師と参加者のみなさん

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

熱心にせん定方法を学ぶ会員

「議事」議長に河合理事

安全就業宣言2021
「発声は、梅本安全就業委員長」

沓掛城址公園内にある松を参加者全員でせん定をしました
 2021年度

2022.3.17 交通安全講習を行いました。

 2021年度、当センターでは8件の事故が発生しました。発生件数では前年度に比べ大きく、減らすことができましたが、交通事故は3件発生しました。センターでは、2021-2022年度にかけて、自動車を運転する会員向けに交通安全講習を受講できるようにしてまいります。この講習は、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)愛知支部のご協力をいただきまして、座学のほか、高齢者が衰えがちな「俊敏性」を理解することや車両の死角、運転技術を再認識していただく実技も行い、この日は、13人の会員が受講しました。

JAF職員による講習

JAF職員による講習

俊敏性を測る器具により能力を実感

俊敏性を測る器具により能力を実感

侠角路を切り返しをする運転実技

侠角路を切り返しをする運転実技

車には死角が多いことの説明

車には死角が多いことの説明

2022.2.2 インボイス制度に係る要望活動を行いました。

 令和5年10月から予定している消費税に係るインボイス制度が導入されることにより、会員やセンター運営に多大な影響を及ぼすことが考えられ、国、県や県内市町シルバー人材センターが共同運動として、制度運用に特例措置を設けていただけるよう、市議会へ請願をお願いに参りました。当日、三治会長、鈴木副会長と請願を紹介いただく月岡修一議員とともに、青木亮健康福祉委員長にも同席をいただき、一色美智子議長、三浦桂司副議長に請願書を手渡して参りました。

「開会」三治会長あいさつ

三治会長より一色議長へ請願書を

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

 

2022.1.6 屋外作業仕事初め、ボランティア活動を行いました。

 毎年、屋外作業でせん定や草刈り、清掃などを行う会員の仕事初めに沓掛城址公園にて、ボランティア活動を行いました。当日は、朝から雪が降りだし、寒い朝でしたが43人の会員の参加があり、低木や松のせん定や園内や園路の落ち葉清掃などを行いました。

「開会」三治会長あいさつ

市生涯学習課長より、お礼のあいさつ

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

 

「議事」議長に河合理事

 

「議事」議長に河合理事

 

「議事」議長に河合理事

 

安全就業宣言2021
「発声は、梅本安全就業委員長」

 

2021.11.8 ボランティア活動、会員交流活動を行いました。

 昨年は、コロナ禍の影響で、センターのいろいろな活動が中止になりました。2年連続の中止は、避けたいということで今年は、両活動を決行しました。当日は、天気が心配されましたが、秋晴れで少し暑いくらいの好天気に恵まれ、ボランティア活動では、豊明市文化会館で、除草、清掃活動を。会員交流活動では、文化会館を起点として、沓掛城址公園まで、2コースに分かれて、ごみ拾いウォーキングを行いました。両活動には、会員64人が参加して、約300キログラムのごみや草などを回収処理しました。

「開会」三治会長あいさつ

文化会館での除草作業

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

ゴミ拾いウォーキング

「議事」議長に河合理事

作業終了後、参加会員での記念撮影

安全就業宣言2021
「発声は、梅本安全就業委員長」

市 深草生涯学習課長から激励あいさつ

2021.8.4 豊明市・豊明市議会へ要望活動を行いました。

 本年も三治金行会長、鈴木和幸副会長が全国シルバー人材センター事業協会令和3年度定時総会にて決議された要望事項を持って、小浮正典豊明市長と一色美智子豊明市議会議長、三浦桂司副議長へシルバー人材センターを取り巻く現状報告をするとともに、引き続きご支援をお願いする要望活動を行いました。
  市長から、コロナ禍から経済状況は厳しいものがあるが、引き続き支援や事業運営の諸問題解決にお力添えいただくことのお約束いただき、議長からは、市議会として行政とともにバックアップしていくことをお約束いただきました。

要望活動写真1

 

要望活動写真2

 

2021.6.17 令和3年度定時総会が行われました。

 本年の定時総会も愛知県に緊急事態宣言が発令中であり,会員の 会場への参加は控えていただき、書面議決や委任状による参加をお 願いしました。
 当日の会員総数356名、当日の参加者11名、委任状37名、 議決権行使書269名、合計317名の出席でした。
 鈴木副会長の開会宣言の後、三治会長あいさつ、豊明市長表彰ほ か会長表彰、感謝状を51名の方に顕彰。すべての顕彰者を代表して、 9年間理事を勤めていただいた伊藤裕理事に授与いただきました。
 その後、小浮豊明市長、一色豊明市議会議長、坂田愛知県議会議長、伊藤県シ連会長、鈴木衆議院議員から頂戴しましたメッセージを披露 しました。
 本定時総会の議長に河合理事を指名し、決議事項4議案、報告事項3件の全案件とも、承認可決いたしました。最後に、梅本安全就業委員長の提案により「安全就業宣言2021」を採択し、滞りなく閉会をいたしました。

「開会」三治会長あいさつ

「開会」三治会長あいさつ

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

「表彰」代表 伊藤裕理事に授与

「議事」議長に河合理事

「議事」議長に河合理事

安全就業宣言2021
「発声は、梅本安全就業委員長」

安全就業宣言2021
「発声は、梅本安全就業委員長」

2021.6.22 チェンソー伐木作業に従事する会員が特別教育を受講していただきました。

 6月15日、16日、22日の3日間。当センターでせん定や草刈り等軽作業に従事する会員12名がチェンソー伐木作業特別教育を受講していただきました。この教育は、昨年8月労働安全衛生規則の改正に伴い、チェンソーを用いた伐木作業に従事する者は、必ず受講しなければならないため、従事する会員が岡崎市にあるPEO建機研修センターで受講してもらいました。
 なお、昨年より、センターでは、会員がこの安全教育訓練を受講する場合の受講料の半額を補助する制度を設け、既に18名の会員が受講しました。

チェンソー特別教育訓練

チェンソー特別教育訓練

チェンソー特別教育訓練