高齢者ボランティアポイント制度

■高齢者ボランティアポイント制度

高齢者ボランティアポイント制度の紹介ポイントシール台帳

 当シルバーは、平成24年度から豊明市が始めました高齢者ボランティアポイント制度の事業管理機関としての業務運営をしております。
 高齢者ボランティアポイント制度は豊明市独自の制度で、高齢者の健康増進や介護予防を促すため、「アクティブ・シニアクラブ」という愛称で65歳以上の市民を対象に、ボランティアとして登録していただき、豊明市が指定する介護施設等でボランティア活動をするとポイントが貯まり、1年で最大5,000円の商品券と交換ができるという、元気な高齢者を応援する制度です。
 当シルバーは、豊明市からその運営に関する部分の会員登録、研修、受入団体の紹介、そして商品券の交付等、いわゆる管理的な業務の委託を受け、管理機関として高齢者ボランティアの皆様方のお手伝いをさせていただいております。
 あなたも高齢者ボランティアポイント制度に参加しませんか?
 興味のある方、詳細を知りたい方は、事務局までお問い合わせください。

高齢者ボランティアポイント制度とは

~「困ったときはお互い様」の助けあい・
              支えあいを循環させる仕組みです~

 高齢者がボランティア会員として登録をし、介護施設等でボランティア活動を行うと活動実績に応じて「ポイント」を得ることができます。活動によってたまった「ポイント」は商品券として交換、または寄付をすることもできます。
 ボランティア活動をすることで、身体的に介護予防の促進につながるとともに、介護現場に接することで、介護に関心を持ち、予防への意識向上にもつながります。
 高齢者の社会活動への参加のきっかけをつくるとともに、活動を通じて地域の助け合い・支え合いのつながりを育み、高齢者がいきいきと元気に暮らせるまちづくりにつなげます。

ボランティア活動の範囲は?

 ボランティア活動と一言で言っても様々な活動があります。自分の特技や趣味を生かした活動もありますし、依頼者からの要望に応じて、一人ひとりの生活をサポートする活動もあります。まずは身近な地域で、自分の健康を考えて無理のない範囲で行うことが望ましいです。活動を継続するためにも自分に向いている活動をお選びください。ボランティア活動に関する相談は、豊明市シルバー人材センターでお受けしていますので、お気軽にご利用ください。

参加をするには?

会員証ステップ① ボランティア会員登録をしましょう。

 管理機関である豊明市シルバー人材センターへ「豊明市高齢者ボランティアポイント制度登録申請書」(様式第1号)を提出してください。その際、介護保険被保険者証も合わせて提示してください。


ステップ② ボランティア活動を始める前に、こころの準備をしましょう。

 初めての活動に不安はつきものです。活動前のこころの準備として、説明会兼研修会に参加しましょう。説明会兼研修会への参加と同時に登録完了となりますので、アクティブ・シニアクラブ会員証と、活動実績を記録するための「ポイントシール台帳」を受け取ります。


ポイントシールステップ③ さあ、活動開始!シールを集めてポイントを貯めましょう。

 会員になったら、市が指定する介護施設等で希望するボランティア活動を始めましょう。ボランティア活動の活動時間に応じ、回数を単位とした活動確認シールをボランティア手帳に貼ってもらえます。1日で得られる活動確認シールの上限は4枚までとします。
(*詳しくは下記表を参照)

活動確認シール 1回30分として、活動確認シール1枚交付
1日4回(2時間)を上限として、4枚交付
ポイント 活動確認シール20枚ごとに1,000ポイント
年間の引き換えは5,000ポイント(5,000円分)まで
換 算 1ポイント=1円換算

ステップ④ たまったポイントを交換しましょう。

 活動確認シールがたまったら、豊明市シルバー人材センターに行きましょう。「高齢者ボランティア評価ポイント交換申出書」にポイントシール台帳を添えて 提出してください。1,000ポイントにつき、1,000円相当の商品券に交換することができます。ポイント交換期間は、ポイントが付与された日の属する年度の末日の翌日から起算して2年間です。

アクティブ・シニアクラブの計画


アクティブ・シニアクラブの記録